ラーメン呑んだ後になぜか食べたくなるラーメン。深夜のラーメンは太るとわかっていても、ついつい。「サラリーマンの街」新橋は、ラーメンの激戦区でもあります。数あるお店の中から呑んだ後におすすめのラーメン店を5つ選んでみました。

新橋纏

まず1つ目は、新橋纏。狭い路地を抜けたところにあり、ラーメン店とは一見気づかないほどの外観。知らない人を連れて行けば通な感じも与えられます。店内は清潔感のある和風な作りで、女性がいても抵抗なく入ることができます。こちらのおすすめは正統派の醤油ラーメン、特製平子煮干しそば。飲みのあとに嬉しい淡麗なスープですが、しっかりと煮干しのエッジを感じることができます。

【店舗基本情報】

住所:東京都港区新橋3-13-2 新共ビル1F

営業時間:

[平日]11:00~15:00 17:30~22:00

[土]11:00~15:00 17:30~21:00

[日・祝]11:00〜15:00 17:30〜20:00

定休日:年中無休

タンメンしゃきしゃき新橋店


2つ目はタンメンしゃきしゃき新橋店。タンメンといえば野菜たっぷりがウリです。飲みの席での野菜不足をシメで解消することも可能です。もきゅもきゅとした太ちぢれ麺に、あっさりとした塩味スープがからみます。さすが専門店と納得する一品です。

【店舗基本情報】

住所:東京都港区新橋4-6-7

営業時間:

[月~金]11:00~23:30
[土・日・祝]11:00~22:00
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

定休日:年中無休

煮干麺 新橋 月と鼈(スッポン)


3つ目は少しテイストを変え、あっさりではなく濃厚な味でガッツリシメてみましょう。おすすめは、月と鼈。烏森口から飲み屋街を抜けた裏通りにあります。こちらは濃厚ドロドロスープの極太つけ麺を味わえます。麺だけで食べれば小麦の味わいが期待を増し、スープに付けて食べれば噛みごたえと濃厚さを感じる茶色いスープの絡みが最高です。具材のトッピングよりも麺重視の炭水化物好きはぜひどうぞ。

【店舗基本情報】

住所:東京都港区新橋4-6-7

営業時間:11時30分~22時00分

定休日:

麺屋武一


続いて4つ目は濃厚という点では同じですが、鶏がベースの色白スープが染み渡る麺屋武一。アンティークな店内に、コラーゲンたっぷりの鶏スープとなれば、こちらも女性連れでも安心できるお店です。濃厚鶏白湯をベースにした醤油そば、塩そばの他に、あっさりした鶏ガラスープの白湯そば、つけめん派にはつけそばもあります。あっさり、こってり、どんな好みの人でも満足できるラインナップには抜かりがありません。

【店舗基本情報】

住所:東京都港区新橋3-6-13 新橋池野第3ビル 1F

営業時間:

[平日]11:30~16:00(L.O.15:55)17:30~翌2:00(L.O.翌1:50)
[土・祝]11:30~18:00(L.O.17:55)
※スープ切れ次第終了する場合あり。ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可

定休日:日曜

らーめんバリ男

#これは美味い #ラーメン#b級グルメ #ramen #らーめんバリ男

George Itagoshiさん(@george_itagoshi)がシェアした投稿 –


最後はがっつりボリューム派におすすめの二郎系です。豚骨好きならぜひ行ってみてほしいのがらーめんバリ男。ラーメンの上で輝くチャーシューは注文ごとに切り落とすというこだわりも光ります。シメで気になるのは完食できるかどうかですが、麺を少なめにして味玉をトッピングしてあるメニューがあらかじめ載っているので、お腹と相談できるのもいいところです。ここの味玉は半熟加減が絶品なので、早めに食べてしまったほうが良いです。

住所: 東京都港区西新橋1-21-1

営業時間:

[月~金]11:00~23:00(昼休憩なし)
[土・日・祝]11:00~15:00 17:00~21:00
ランチ営業、日曜営業

定休日:年中無休(年末年始除く)

以上5店舗、いずれも駅からそう遠くないところにあります。飲んだ帰りのもう一杯をスマートに決めましょう。
「サラリーマンの街」のイメージが強い新橋駅近くにあるおすすめのラーメンを厳選して選びました。